記事の詳細

井上常明は、会社員からバックパッカーを経て個人経営を行っています。バックパッカーというのは、低予算で国外を個人旅行する人のことを言います。彼は、学生時代から旅行をするのが大好きで、現在では国内のほとんどの地域を制覇しており、今度は海外制覇に視野を広げているほどです。

社会人になってからは、夢は世界一周とかかげ、そのために貯金に励んできました。そして、会社員時代には目標の金額達した時点で会社を退職し、そこからはバックパッカーの道を歩んでいます。世界一周をするためには相当な金額の貯金が必要になりますから、そのためにした努力というのは並々ならぬものがあったに違いありません。目標達成のために考えられる節約という節約を行ってきたに違いないでしょう。

そうして、念願の資金を貯めた後は、バックパッカーになったわけですが、低予算と言っても、移動や宿泊に関しては海外ではお金がかかります。ただ、個人旅行ということでとにかく気楽に楽しく旅ができたのではないでしょうか。その際に彼はスペインのバルセロナに旅行に行っています。

ちなみに、スペインのバルセロナは、地中海性気候であるため1年中比較的温暖な気候で過ごしやすいと言われています。旅行に行くのならば一般的には春から秋が最適とされ、井上常明もこの時期に旅行に行っています。また、芸術の都としてもバルセロナは知られています。世界的にも知られる美術史に名を残す建築物がある、美術遺産の宝庫なのです。井上常明は、こうした場所へ足を運ぶことにより、色々な感性を磨いたようです。

井上常明は、1年間の海外旅行を満喫した後、日本に帰国し起業しています。海外へ旅行に行った経験を活かし、多国籍のカフェを経営しています。ここでは、たくさんの外国人で連日賑わっているようです。旅行をした後にすぐに起業をしようという発想が凄いと思います。

井上常明という人物は、1年間世界一周旅行をしたわけですが、正にこれはキャリアブレイクと呼べるものです。現在、このキャリアブレイクにより、今のキャリアアップに繋がったという内容の本を出版しないかと持ちかけられているとのことです。自分がやりたいことをやることによって、知らない間にキャリアアップが出来ているというのはとても素敵なことです。これからも、井上常明は自分がやりたいと思うことを優先して行っていき、様々な成功を収めてくれることは間違いないでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る