記事の詳細

自然環境への配慮に取り組む「新東京グループ」の事業内容
近年、地球環境の保護、各企業の廃棄物の問題はメディアでも大きくクローズアップされ、「どのように廃棄物を“循環”し、再生していくか」ということは多くの方に関心を集めています。株式会社新東京グループは、世界中でも関心が高い地球の環境問題に対して、「循環型社会」を目指し、リサイクル技術の発展に寄与してきました。具体的にはビルの解体工事で発生する産業廃棄物や、太陽光発電事業への参画などです。また、今後は社会全体が環境問題を考えるうえで避けては通ることができない「循環型社会」のための取り組みなど、グループ会社全体で取り組んできた実績があります。

特に廃棄物の問題は、環境全体でどのように処理していくのか、という社会全体が考えるべき問題です。廃棄物をいかに少なくし、社会で再利用していくべきか、という「発生抑制」「再利用」「再資源化」の3つをテーマにして、環境保全の活動についてグループ会社を通じて積極的に取り組んでいます。

チャレンジ25キャンペーンの参加を会社で推進
株式会社新東京グループは、チャレンジ25キャンペーンを推進していました。チャレンジ25キャンペーンは、2010年に始まったプロジェクトです。2009年、鳩山内閣総理大臣が地球環境問題に対し、「日本の温室効果ガスの排出量を1990年時点の排出量から25%カットする」という発言をしたことが背景にあります。

株式会社新東京グループでは、吉野勝秀氏を中心に環境問題に対していち早くから取り組んでいたこともあり、この取り組みに参加。いかに無駄な温室効果ガスを排出しないようにできるかを考え、チャレンジ25キャンペーンに取り組みました。これは、企業の理念である「循環型社会」を目指すうえで大切な考え方です。温室効果ガスの削減は、今、最も社会で関心がある環境問題の一つであり、今後も積極的に進めていく方針だと言います。

新東京グループ、吉野勝秀氏の企業理念と行動指針
吉野勝秀氏の考える企業理念は、「限りある自然を守っていく上で、いかに廃棄物に関する「3R」となる「発生抑制」「再利用」「再資源化」に企業全体に取り組んでいくか」です。企業理念における3つの柱について、吉野勝秀氏の指導のもと、企業全体が循環型社会の担い手として活動を続けています。

地球環境問題に取り組んでいく吉野勝秀氏の理念は、会社の基本的な方針となっています。つまり、新東京グループは、ただ廃棄物の運搬、収集をしているだけではなく、環境に配慮した活動を続けている企業なのです。

株式会社新東京グループ
http://www.mr-shintokyo.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る